Sonoko Obuchi

 

Japanese born Artist / Set Designer Sonoko Obuchi was the first ever artist in residence for the Historic Royal Palaces (Kensington Palace, Tower of London, Hampton Court). There she produced a contemporary film which became part of their permanent collection in 2009. Sonoko created a brand character for Anna Lou of London, a jewellery company and produced many illustrations for their products which featured in magazines including Grazia & Guardian on Sunday. They were sold in Selfridges, Topshop and in luxury fashion stores in Japan. Sonoko worked on Gorillaz 'Strobelite' music video as an assistant stylist.  Her solo exhibition 'POP JAPAN' (2017, The Dugdale Centre, London) was a real success and the exhibition was extended further two months due to the high popularity.  Sonoko had been a music stage designer for the Standon Calling boutique music festival 2008 - 2010, and 2015. Gilles Peterson, Hawkwind, DJ Yoda and Acid Mother’s Temple have performed on her stages. Sonoko has been a stage set designer for pantomime shows at Millfield Theatre in London for the last 7 years, and working on this year's Beauty & The Beast (2018).  Sonoko joined Old Vic New Voices in May 2014.

 

Sonoko is a founder of Shepherds London, distributing the finest Kurume Kasuri tousers called Monpe exclusively in the UK.

 

  • 2017 Solo Exhibition 'POP JAPAN' at The Dugdale Centre, London.

  • 2014 July nominated to become fellow of the RSA in recognition of my design achievements in the UK.

  • 2014 May chosen to become member of Old Vic New Voices working on Housed (2014), Ages (2015), and Rises (2016).

  • 2007 May Invited to meet Japanese Emperor and Empress in Japan Embassy in London.

 

 

  • 2017 January Guardian - Article on 'POP JAPAN' exhibition

  • 2012 November British Theatre Guide – reviewed Mother Goose set design

  • 2011 October Enfield Independent - Interviewed about Pantomime Design at Millfield Theatre, London

  • 2010 April Eikoku News Digest - Interviewed by popular UK based Japanese paper on my life in the UK.

  • 2009 November Independent On Sunday - Interviewed on life in the UK as a Japanese designer

  • 2009 Grazia, Guardian Sunday, Look etc - My jewellery pieces were picked by several national magazines.

  • 2009 October Bruce Forsyth - Presented Manga portrait of himself (commissioned by Millfield Arts Centre).  

  • 2009 April Enfield Gazette - Interviewed by several Enfield based newspapers on Manga Workshop.

  • 2007 April Soen Magazine (International Japanese Magazine) Article on Rough Sleepers fashion store.

  • 2007 April Time Out – Article on Rough Sleepers.

  • 2007 February Vogue UK website – Article on Rough Sleepers.

  • 2007 April High Fashion (International Japanese Magazine) – Article on Rough Sleepers.

  • 2007 May PopEye (Japanese Fashion magazine) – Article on Rough Sleepers.

  • 2007 March Yomiuri Newspaper (Japanese highest Circulation Newspaper) – Article on Rough Sleepers

  • 2006 May Kensington Palace, Tower of London, Hampton Court Palace, Whitehall and Kew Palace websites and posters – Article on Historic Royal Palaces’ Artist In Residence.

略歴

1982年 福岡県八女市黒木町生まれ

2001年 九産大付属九州高校デザイン科主席卒業

2001年 イギリスロンドンのセントラルセントマーチンズ基礎学科入学、翌年最優秀成績DISTINCTIONで卒業

2002年 イギリスロンドンのチェルシーカレッジ、インテリア&スペースデザイン科入学(3年制)

2005年 インテリア&スペースデザイン科を最優秀成績FIRST CLASSで卒業(同時期に結婚)

2005年 HISTORIC ROYAL PALACES主催のアートコンペで優勝し、お城初の専属アーティストに

2005年 同時期に、イタリアのインテリア会社POLIFORMロンドン支店でインテリアデザイナーとして就職

2006年 HISTORIC ROYAL PALACESでのコンペ作品が完成しケンジントン宮殿、ロンドン搭を含む4つのお城で自身のアート作品が展示される

2006年 フリーランスのデザイナー兼アーティストとして活動を開始

2007年 フリーランスのデザイナーとしてロンドンのブティックやカフェのデザインを手がける傍らホームレス支援チャリティー団体の持つギャラリーのキュレーターを努める

2007年 イギリスでの功績を認められ天皇皇后両陛下訪英の際に在留邦人御接見へ招かれ、皇后陛下とイギリスでの活動や生活についてお話させていただく

2008年 ミュージックフェスティバルSTANDON CALLINGのステージデザイナー及びアートディレクターに就任、現在まで計4年デザインを務めている(同時期に娘出産)

2008年 ジュエリー会社ANNA LOU OF LONDONのキャラクターデザインを手がける(計4年)

2011年 ロンドンのMILLFIELDシアターで舞台デザイナーとして現在まで毎年クリスマスミュージカルを手がけている(同時期に息子出産)

2014年 ロンドンの老舗のシアターOLD VICシアターのプロジェクトに舞台デザイナーとして携わる(計3年)

2015年 この年より現在までロンドンの多数のエキシビジョンのキュレーターを務める

2017年 1月SONOKO OBUCHI個展POP JAPANをロンドンのDUGDALE CENTREにて開催

2017年 6月世界的に有名なバーチャルバンド・ゴリラズのミュージックビデオSTROBELITEにアシスタントスタイリストとして参加

SONOKO OBUCHI

 

Stage Set Design / Artist

Historic Royal Palaces’ First Artist in Residence

             Email: sonoko.obuchi@googlemail.com

           

  • Instagram Black Round
  • Twitter Black Round
  • Facebook Social Icon
 

大渕園子

 

舞台デザイナー/アーティスト

1982 年福岡県生まれ

2001年に福岡の九産大付属九州高校卒業と同時にロンドンのセントラルセントマーチン ズ基礎学科(1年制)へ進学。最優秀成績DISTINCTIONで卒業後、 インテリアデザインの名門チェルシーカレッジにてインテリア&スペースデザイン科(3年制)を選考、最優秀成績である FIRST CLASS で卒業。

卒業間際に応募したコンペで優勝、 ロンドン塔やダイアナ妃で有名なケンジントン宮殿を運営する HISTORIC ROYAL PALACES初の専属アーティストに選ばれ ロンドン塔ケンジントン宮殿を含む4つのお城に映像のインスタレーションを作成・展示。2009年にお城の永久所蔵品になる。


イ タリアのモダンインテリアPOLIFORM ロンドン 支店にてインテリアデザイナーとして一年勤めた後、フリーのインテリア&スペースデザイナーとして活動を始める。デザインプロジェクト ROUGH SLEEPERS (チャリティーとハイエンドのセレクトショップを融合した新しい試みのファッションブティック)は VOGUE オンラインを始めイギリス国内外より大きな注目を集め、日本でもハイファッションや荘苑などの雑誌で紹介される。その後カフェなどのデザインを手がけながら、ロンドンブリッジのノヴァスギャラリーのキュレーターも期間限定で務める。その期間に手がけたべスレム病院精神病棟患者の 100 年にわたる 絵画展―REDEFINING BEDLAM展では過去最高の集客数と国内多数の取材を受け大成 功を収める。

イギリスでの功績を認められ 2007年の天皇皇后両 陛下訪英の際に在留邦人 御接見 へ招かれ、皇后陛下とイギリスでの活動や生活についてお話させていただく。 2008 年に入り3 千人規模のサマーミュージックフェスティバルSTANDON CALLING のステージデザイナー及びアートディレクターに任命され大規模なステージデザインを手がける 。ジュエリー会社ANNA LOU OF LONDONのキャラクターデザインを手がけTOPSHOP OXFORD STREET店にも登場。制作したキャラクターは会社の売り上げに貢献しており、2009年には日本の阪急百貨にもキャラクターを象ったネックレスが進出。

 

2011年より現在まで毎年ロンドンのMILLFIELDシアターの舞台デザイナーとしてクリスマスミュージカル(PANTOMIME)を手がける。2014年から老舗OLD VICシアターのプロジェクトOLV VIC NEW VOICESに舞台デザイナーとして携わる。2017年1月SONOKO OBUCHI個展POP JAPANをロンドンのDUGDALE CENTREにて成功させる。同年6月には世界的に有名なバーチャルバンド・ゴリラズのミュージックビデオSTROBELITEにアシスタントスタイリストとして参加。

© 2018 by Sonoko Obuchi